ポピュラー音楽の祭典『りんご音楽祭』、2019年も開催

ニュース

長野県松本市にて行われているポピュラー・ミュージックの音楽祭『りんご音楽祭』が、今年2019年も開催される。

同イベントは、松本市に拠点を置く瓦RECORDのオーナー・古川陽介氏(dj sleeper)が松本という街に数えきれない魅力を感じ、自分の世代を含め、もっと沢山の方に松本を知ってもらいたいという思いから2009年より毎年開催されている音楽祭だ。

タイトルの『りんご音楽祭』は、松本市に住んでいない人が見ても松本市を連想させる名前ということで“分かり易さ”“親しみやすさ”“松本らしさ”からつけられており、各ステージ名には“りんご”のほか、“そば”、“おやき”、“わさび”、“きのこ”、“いなご”など、松本市の名産にちなんだものとなっている。

 

 

その『りんご音楽祭』だが年々大きな注目を集め、昨年2018年には、清 竜人、七尾旅人、m-flo、King Gnuらそうそうたるアーティストが登場し、『りんご音楽祭2018』の前売り券が完売するなど、音楽ファンはもちろん日本のポピュラー・ミュージックを象徴するライブイベントとして老若男女に広く認知されてきている。

 

 

 

 

今回開催される『りんご音楽祭2019』は、2019年9月28日(土)、29日(日)の二日間、長野県松本市にて開催される。アーティストラインナップやタイムスケジュールなど気になるところは多いが、初開催から11年目を迎える2019年は今まで以上に盛り上がることは間違いないだろう。

また、『りんご音楽祭2019』出演者を選抜する『RINGOOO A GO-GO』というライブオーディションも現在開催されている。このオーディションでは、未来の人気アーティストを発掘する事をテーマに、4月29日の横浜B.B.streetを皮切りに、3ヶ月に渡り北海道から福岡に至るまで、全国14都市計59回にて実施。東京のみではなく、北海道から福岡までの14都市のライブハウスに主催者が自ら訪れることにより、現地でのシーンにおけるアーティストの姿を直に観て、『りんご音楽祭2019』総出演者の8分の1程にあたる15組~20組を選出するとのことだ。

過去には、水曜日のカンパネラ、CHAI、MONO NO AWARE、Tempalay、The Wisely Brothers、大比良瑞希、all about paradise、THREE1989、眉村ちあき、BILLIE IDLE®など、現在の音楽シーンを担う注目のミュージシャンが参加していることもあり、こちらも年々盛り上がりを増している企画となっている。ぜひこちらもチェックして、様々な『りんご音楽祭』を楽しんでみてほしい。

 

 

■イベント情報
『りんご音楽祭2019』
2019年9月28日(土)、29日(日)
開催地:長野県松本市
出演者やチケットの販売は6月上旬

 

タイトルとURLをコピーしました