Ryosuke Miyata、最新作『Mokupuni』は南国風景を描く情緒的アンビエント楽曲集

Ryosuke Miyataニュース

Ryosuke Miyata(宮田涼介)の7枚目となるアルバム『Mokupuni』が、9月27日(金)にドイツのOrganic Industriesより発売されることが決定した。

タイトルの“Mokupuni”はハワイ語で“島”を意味しており、ワイキキの海辺やアラモアナビーチパーク、ハナウマ湾、天使の海、マウナケアの天文台など、南国情緒に満ちた光景を詩的に描いた作品となっている。また今作では、アンビエント音楽家であり、「ArtLism.JP」ほか国内外で多数の作品を発表するGallery Sixのリミックスも収録される。

なお、ミュージックビデオなど追加情報は随時公開予定とのことだ。続報を楽しみに待ちたい。

リリース情報

アルバム『Mokupuni』
アルバム『Mokupuni』

2019年9月27日(金)発売
Jacket Photo:Ryosuke Miyata
(Edited by Andre Gansebohm)

[収録曲] 1.Kahakai
2.Holoholo
3.6 a.m. Hanauma
4.Kailua
5.Ahu o Laka
6.Nalu
7.Mauna Kea
8.Aumoe
9.Kualoa
10.Hareiwa
11.Northshore
12.Holoholo (Gallery Six Remix)

Label HP:http://www.organic-industries.com/index.php/start.html

プロフィ―ル

宮田涼介 / Ryosuke Miyata

東京を中心に活動する音楽家。オルタナティブロックバンド「かろうじて人間」のギター担当。2011年後半に本格的に作曲活動を開始。2年間にしてネットレーベルで5つのミニアルバムを発表し、2013年12月、初のフルアルバムとなる「Visionary」をリリース。
2014年、fuyuru0らと共に新興レーベル「fumin.」を設立。運営に携わる。
ライブにおいては、[.que]、akisai、Meme、Chihei Hatakeyama、Hakobune、Shellingらと共演。またSCHOLE小瀬村晶氏主宰の「虹の彼方リミックスコンテスト」にて優秀賞を受賞。
2015年以降、Sea of Nebukawa(2015), Archipelago(2015), Private Cottage(2016), films(2017), panacea(2018), Mizugiwa(2019)を国内外でリリースし、2019年にはドイツより「Mokupuni」をリリースする。
カフェ・雑貨店へのBGM提供、劇伴、web・企業CM、スマホゲーム向けの楽曲提供、インスタレーション展示等でも活動中。

関連リンク

■Ryosuke Miyata オフィシャルサイト
■Ryosuke Miyata オフィシャルTwitter
■Ryosuke Miyata オフィシャルFacebook

タイトルとURLをコピーしました